Hotel new columbeer

引っ越し

06 2月 2014 by admin

2012年あたりから池波正太郎氏の小説にはまり、鬼平犯科帳シリーズから剣客商売シリーズまで読破した。通勤の読書時間は江戸にトリップ。また鬼平テレビシリーズもBSフジで再放送しておりこれにもはまり、帰宅後も江戸にトリップ。

そんなトリップが一段落した去年、ジャンプのiPhoneアプリでこち亀の名作「浅草物語」「おばけ煙突が消えた日」を読んで「昔から下町に憧れてたな…」ということを思い出し、それがトリガーとなって多摩から墨田区に引っ越した。(鬼平ファンが聞いたら吹き出しそうな地名のところへ)

相変わらず壁薄のすきま風吹き荒れる物件だが、通勤も楽になり、徒歩5分以内のところに音楽スタジオもスーパーもあり、浅草やスカイツリーも歩いていけるので下町情緒も堪能でき…と新生活を楽しんでおります。これで何年後かに「変わらねえな墨田の流れも…」(両津勘吉)と言える。

ただ「いつまで一人暮らしやねん…」と絶望的な気分にもなったので大江アナのカレンダーを買い心のよりどころにしているが、何かが終わっている感じもあるので、来客時は外して押し入れにそっとしまおう…と思っています。お近くにいらした際はお声がけください。

Leave a comment | Categories: nikki

Leave a Reply

Required fields are marked *